一冊目のテキストの復習とプデチゲと唐辛子

スポンサーリンク

一冊目のテキストの内容は全体的にだいぶ頭に入ってきています。

と言っても単語はすぐ忘れるし、リスニングと発音の変化と数字は全然だし、文法もテキストの後半はまだまだあやしい。

 

でももうメインのテキストではないという感じです。

2冊目以降がメインで、一冊目の復習はメインの合間に同時進行です。

 

あとTOPIKのテキストもこれからは同時進行です。わーっ、とは思うけど、辛さとか大変という気持ちは無くて、何とか頭の中に突っ込みたいです。

 

睡眠を削る勉強はしていませんが気持ちは削りたいです。実際は体調が悪くなるので、起きている時間に集中…なんですが現状はすぐ気が散っています。

 

これからは集中します。

 

韓国料理をまた外で食べています。チーズタッカルビとプデチゲです。

 

もうプデチゲはやめようと思ったのに、外で食べてみたくなって食べました。

 

おいしい。麺がドロドロにならない。オモニが作るお店で、辛さも調節できるけどしなかったので、かなりマイルドになっていると思うけど、そのマイルドさが自分好みでよかったです。いくつか食べた韓国料理ではチゲと白米が一番好きなので余計においしかった。

 

立地条件などで価格が押さえてあって、それがチゲの具材に反映されているので、具材が豪華なチゲも食べたいなと思いました。

 

家では本のレシピを参考にして、しつこくスンドゥブチゲ風を作りました。砂の恐怖であさりを使わずエビを入れています。それでもじゅうぶんおいしいです。

 

あとは唐辛子を用意したので、また自由に作ろうと思います。

 

ちなみに唐辛子はチヨダ株式会社のです。一番下と下から2つ目です。

 

香辛料 - 製品案内 - チヨダ株式会社

 

以前は食べるの興味なかったんですが、韓国料理食べるの楽しいです。