興味が薄れているけどやめたくはない

スポンサーリンク

日本のガイドブックに載っているところを中心にウロウロして、使った言語がほとんど英語、次が日本語でした。

 

韓国語を結局積極的に使わなかったのは、相手が話した内容に対して返せないのも大きく影響しています。

 

ウロウロしたのはほとんど観光地ですが、韓国で韓国語をほとんど喋れなくても英語が話せれば生きていけるんじゃ、くらいに考えが極端になり、今放送しているレベルアップハングル講座も、外国に行く方になら、ハングルじゃなくてむしろ英語でやった方が、と身も蓋もない考えでテキストを開かなくなってしまいました。

 

具体的な目標はあるけどやりたくないというか、英語のテキストの方が楽しい感じです。

 

でもやめてしまう、とまでは思わないです。喋れるようになる、という気持ちではいます。

 

でも今は韓国語への興味が薄れていて、言葉が聞き取れても嬉しくないです。

 

火が消えそうで消えない、くらいの気持ちがしばらく続くかもしれませんが、今は完全に消してしまわないようにします。