文房具をいくつか試したのとTOPIKの見送り

スポンサーリンク

次のTOPIKも受けない事にしました。受ける気にはなったんですけど、やめました。

 

まだしばらくは検定向けの勉強のない自由な勉強をします。

 

100均のとかそうじゃないのとか韓国の文房具をいくつか試しました。韓国のはいくつかのメーカーの青のペン、ふせん、ノートです。100均も同じです。

 

青系のペンはやっぱり試した中ではサラサが好きです。青系の色を全部試していますが、普通の青が一番落ち着いているし好きです。あと無印のさらさら描けるゲルボールペンもゲルインキボールペンも書きやすいと思います。

 

ふせんは紙のだとポストイットがいいです。無難にこれに落ち着つきます。粘着力が強いやつもいいですね。量が多い方がいいのと、きりが無くなるので、日本にあるデザインがかわいいのはできるだけ選ばないようにしています。たまにはいいですけどね。

 

フィルムのはセリアで見たオリジナルではない他社メーカーの三角の形になっているのがよかったです。粘着力も強くて書きやすいです。

 

韓国のはカカオフレンズのが好きです。ハングル文字とか韓国らしさじゃないデザインとかだと、韓国で使わないなら、持って帰る労力や送る手続きの時間を考えると韓国のにこだわらなくてもいいなと思います。ポストイットも韓国にもあるけど日本にもあるし。

 

カカオフレンズはオフィシャルのものとライセンスのものとありますが、ノートに関してはオフィシャルの方がシリーズに沿ったデザインのものが出たり、あと丈夫な感じがします。ライセンスの方は種類やデザインがたくさんあるし、価格も手頃なのがいいと思います。

 

カカオフレンズはかわいくて癒されるのが個人的にいいです。ふせんも無難な普通のものの中に投入すると癒しの効果が高まります。

 

ハングル文字のデザインのものは使っていません。ハングル文字よりカカオフレンズの方がいいのと、こちらもきりがなくなるからです。

 

選んだ文房具に助けてもらいながら、はやく韓国語が上達するようにします。