東大門と韓国の化粧品かぶれ

スポンサーリンク

東大門へ行ってきました。

 

賑やかになる前の時間帯に行ったので、けっこう静かでした。

 

マスクショップと近くの開いている化粧品の店に行って、マスクショップでスキンケア系のものを買いました。価格はけっこう安かったです。

 

で、マスクショップ以外でも東大門じゃなくてパックやシャンプーを買ったんですが、いくつかは継続して使ってもいいなと思ったんですが一つ湿疹ができました。

 

前ウロウロした時に買ったスキンアのものでも赤くなってかゆくて、高めの確率で自分の場合は合わないものがあります。

 

どの商品もどこのメーカーかはっきり分かっていて、知られているところです。

 

例えば日本のメーカーのものは、頻繁にかぶれたりはしません。

 

気になったものから少なめで選んでこうなので、次からはどうしても強く気になったものだけ試すことにしました。

 

使ってみないと分からないけれど、敏感な方は、できるだけ数や量は少なめにしておいた方がいいと思います。

 

限られた時間で行動する場合や滞在場所よっては難しいかもしれないけど、まとめ売りになっていたら少ない数から買えるか聞いてみたり、ガイドブックに載っている主な観光地は探せば、という感じの商品もあるけど、最初からまとめていないで売っているところで買う方がいいと思います。

 

韓国の方は韓国の化粧品をあんまり使わないイメージがあったけど、やっぱりそうだよなと思う事もあったし、マスクショップとかでよく日本語や中国語が聞こえてきて、日本のドラッグストアとかでは韓国語や中国語が聞こえてきたりして、そんなものだよなとか思いました。

 

 

卸売りのところが開くまで30分近く待たなきゃいけなかったのと、以前卸売りで7,000ウォンで買った指輪が悪くなってきて、4ヶ月弱くらいだったのでアクセサリーとかは見るのはやめました。

 

あとはDDPへ行きました。

 

デザインラボの物販のところがかわいい雑貨やシンプルな食器とかあってよかったです。

 

韓国らしいのを売っているのは確か一件で少しだけでした。でも仁寺洞的な感じよりもっと現代的なおしゃれな感じでした。感じ的に外国の雑貨とかもあって、韓国じゃなくても買えるとは思ったけどいいなと思いました。

 

そこにあるAIDcafeで、前ぶどうのやつを飲んだらもの凄くおいしかったのを思い出しました。

 

あとは現代シティアウトレットの本屋とかゴンチャとかあるフロアを見て、ネイルモールを覗いて終わりました。

 

東大門はきりがないので、これで一通り終わりにしました。