韓国の主な観光地や新大久保や鶴橋で思った事

スポンサーリンク

韓国の主な観光地をウロウロして、新大久保と鶴橋も少しだけですがウロウロしました。

 

新大久保はやっぱり食べる店がとても充実していますよね。

 

韓国の店が日本に上陸したものや、何店舗かある店とか、長い間ずっと営業している店とか新しい店とか、選択がたくさんあるのがいいです。

 

たくさんの店には行っていないし、種類もたくさん食べていないけど、日本人向けも意識しているとは思うけど本場の方に寄せていると思う店や、日本人向けだとしてもおいしいかおいしくないかだったら、韓国よりこっちの方がおいしい気がすると思ったり、例えば辛さとか、自分の場合は選択できる辛さはできるだけ控えめにするので試していないけど、より本場に近い味を楽しめるのもたくさんあるんだろうなと思っています。

 

で、試した限りで思ったのは、主な観光地の範囲ですがウロウロしていて食べたものは、まだそこまで辛いと思ったものには当たっていなくて、どれだけ辛いのに当たるのかと思ったけど、意外とそんなにびっくりする辛さには当たらないと思いました。

 

辛さが苦手な場合は、やっぱり多少警戒はしておいた方がいいとは思います。

 

 

と同時に、新大久保では辛さが強いのに当たった事もあって、それはそう、という感じですが主な観光地でも新大久保でも様々で、例えば韓国にはなかなか行く機会がないから日本で我慢する、とまでは思う必要はないな、と思いました。

 

機会があれば、自分はやっぱり行くのはいいと思っています。

 

でも韓国でもそうじゃなくても試してみないと分からないな、と思いました。

 

 

鶴橋は食材や文具とか雑貨がいいと思いました。

 

食材は新大久保も大きめの店がいくつかありますが、鶴橋は大きめの店も小さめの店もあって、小分けしている商品が多くある店や、店によってあるもの、価格も合わせて新大久保より選択ができる印象があっていいと思います。

 

文具や雑貨も、単純に店の数がちょっと多かった感じという事もあるけど、鶴橋の方が充実している印象がありました。

 

コスメは新大久保の方が規模が大きいとは思うけど、価格は新大久保も鶴橋も韓国の定価と同じくらいだなと思ったものもありました。

 

でもコスメに限らずですが、欲しい商品が日本の法律に引っかかったとかで輸入されていなかったり、代わりの日本向けになっているものも出ていなかったら比べられないから、韓国か日本かの比重も大きいよなとか思いました。

 

 

 

語学は独学で、料理はサイトとかで参考にする程度のところから、自分が勝手に思っているだけだけど興味や縁を感じたりして、ウロウロしてみました。

 

ウロウロしてよかったです。

 

参考にする程度からウロウロするまで時間がかかったのが反省点でした。

 

なので来年はモタモタしないで試してみようと思っています。