縁とタイミングとか

スポンサーリンク

外でいくつか韓国料理を食べました。

 

まずは石焼きビビンバです。ビビンバとかは無い店は無いだろうと、あまり積極的に食べていなかったんですが、そろそろ食べようと思って食べました。入った事が無い店と迷ったけど、以前行った事があるオモニがやっているところにしました。

 

コチュジャンを少し足したらけっこう辛くて、前回のサムギョプサルの日本人向けと比べてけっこう違うなとか、味は思ったより控えめだと思ったら塩が効いていて美味しかったです。でも次はやっぱり違う所にも行こうと思いました。

 

次は冷麺です。そこは人気がある感じの店なんですが、自分には雰囲気も、味も不味くはないけど好みではないと思いました。日本人向けで、おかずはこちらも調味料が効いていて美味しかったけど、という感じでした。

 

あとこの店だけじゃないんですが、外でもウロウロしてでもずっとシャリシャリの冷麺が食べたいけど、どうしても辿り着けないんです。写真見ても違ったり、確認しても違ったり、こんなに冷麺食べなくていいのに、他に食べたいものもあるのに、と思いながらもしつこく試しています。

 

なので、次観光地ウロウロしたときに頼んでダメだったらもう諦めようと思います。見切りと続ける判断は、冷麺を例にしましたが難しいです。

 

体調崩した時の話をまたするんですが、崩したきっかけは我慢しすぎでした。我慢をやめなくて失敗で、その後の韓国語の勉強は突き放したけどまたこちらに寄せて、テキストもいろいろな状況があってたくさん出ているし、観光地積極的にウロウロする気無かったけどする気になったし、これが年単位でズレていたら何か違ったのかな、とか思います。

 

 

前に本で、外国の方とその海外の企業とのやりとりの奮闘を書いたものを読んだんですが、原文そのままじゃないけど、いろいろ難しさもあるけど、やりとりしているところの国が好き、というような文がありました。

 

読んだときはふうん、と特に印象とか読み直したりとかは無かったんですが、それを思い出したんです。

 

自分はまだちょっと触れただけだけど、韓国語をこのまま続けて、もう少し後になったら何か答えとか、今思えば~みたいのがあるのかな、とちょっと楽しみにしています。

 

 

最後は豆腐チゲです。

 

チゲもそろそろと思って食べました。凄く美味しかったです。自分が作る時は普通の鍋だし、貝の砂が怖くてエビをメインにするんですが、やっぱり貝と、あと唐辛子も美味しくて効いていて、おぼろ豆腐も良かったです。

 

もう少しで、食べてみたいものは大体は終わるかなと思っています。