明洞と南大門を少しウロウロしました。

スポンサーリンク

明洞をウロウロしました。

 

隅から隅までしっかりとはウロウロしていないんですが、マートがまた少し増えていたな、という印象でした。

 

後は黒花堂ができていたり、ホットドックの店も増えているイメージがありました。

 

明洞は店が頻繁に変わると言われているけど、今に関しては、店よりも内容の変化が大きいなと思いました。

 

以前は内容がいいと思ったのに今はあんまりという感想だったり、前はあんまりだったのに今はいいんじゃないかと思ったりが多かったです。食事も物販も思いました。価格も値上げするところはまた上がって、上がっていないところは変わらないという感じです。

 

 安い化粧品の店をのぞいたら、マスクショップで買った物が少しだけ高いくらいの価格でありました。

 

欲しいものが決まっていて、もし東大門とかにへ行く余裕はないけど明洞へ行くとかでしたら、価格を参考にしがてら探してみるのもいいですね。

 

 

韓国に慣れた方は明洞から離れていく印象もあるけど、それも分かる気がします。同じ店でも、利用したその時々で違いが大きい印象です。明洞に限ったことではないけれど、そういうところは結構難しいなと思いました。

 

いいとか悪いとかではなく自分の好みですが、明洞は場所とか時間を有効に使う便利さは凄くいいけど、食事とかものを買ったりとかはこれからは離れていくと思います。

 

お金を大切に使いたいし、でも時間も大事だし、そういうところも難しいです。

 

両替は1度大使館の前の所を通ったら全然人がいなくてびっくりしていたら、他の方がレートが良くて納得しました。レートが同じだと大使館前が混んでいるという感想です。

 

いくつかのところで両替してみましたが、個人的には大使館前が大体はお客さんが多いから気楽さがあります。

 

 

 

次は南大門を少しだけウロウロしました。片足をちょっと踏み入れたくらいです。慣れていないこともありますが、東大門よりも難しいと感じました。

 

あの雰囲気がお好きな方は、あのゴチャゴチャした感じもいいものを探す楽しさに加わると思います。

 

東大門でひるむ自分には、東大門より慣れるのに時間がかかりそうです。というか自分の場合はこれ以上足を踏み入れる気力と気合が無いな、と思いながら両替だけして終わりました。

 

南大門での収穫は、自分には初めて韓国で韓国語がもの凄く堪能な日本の方に遭遇しました。その方がはっきりと日本人と分かった初めての方です。雰囲気は何度も来て慣れているけど商売ではない感じです。

 

あれくらい堪能になるように勉強しようと刺激を受けました。