映画とミュージカル

スポンサーリンク

映画とミュージカルを観ました。

 

映画は洋画の韓国語字幕、韓国語吹き替え、韓国語字幕の3D、邦画の韓国語字幕です。

 

日本語の韓国語字幕は自分の中で思っていたより難しくて、韓国語だとこう訳されるのか、という違いが勉強になるけど、どんどん流れて行くから全然ついていけなくなりました。

 

韓国語吹き替えは口の動きと違うから違和感が多少あって、例えば日本語吹き替えのように、知っている芸能人の声とかだったらもっと楽しみながら聴けるだろうなと思いました。

 

 

個人的には洋画の韓国語字幕が、字幕に集中できるのでよかったです。ただ今回は途中から映像に集中してしまってあんまり字幕が見えなかったです‥。

 

いかもナチョスもポップコーンも食べなかったので、今度は食べようと思います。

 

料金は日本の一般料金より安いけど、すごく安いということでもないです。時間帯によっても違いはあるけど、観たい映画が日本でも公開されていて、勉強の為じゃなくて吹き替えや字幕を参考にするなら日本で観た方がいいと思います。

 

やっぱり日本語話者向けの言葉の表現や感覚が場面の状況に合わせて考慮されているし、意訳もあるから日本語訳の方が映画の内容をより楽しめると思います。

 

上映の日時はCine in Koreaで確認しました。

 

CineinKorea - Online English Movie Ticket Booking in Korea.

Cine in Korea公式サイト

 

チケットは券売機だとカードだけのところとカードと現金も使える感じのところとあったけど、有人のチケット売り場で買っている人も多くてそちらで現金で買いました。

 

買い方は韓国語じゃなければ英語で日本の映画とかタイトルの分かりやすいところ、時間と3Dとかなら3Dとか、枚数を言えば大丈夫です。あとは座席指定で画面見てA-1とか言えばいいです。

 

 

ミュージカルは1公演だったんですが、これも難しかったです。歌の迫力とかは凄かったです。それはそうという感じですが、聞き取りはMVのような聞きやすさとかボリュームが調整できないから必死で聞いても自分には難しいです。

 

日時はインターパークで確認して当日券を買いました。

 

自分が買ったときは誘導の方がいらっしゃったので、その方に英語で予約していない、今日のミュージカルのチケットはここ?と聞いて、有人の窓口で予約していない、席種、枚数を言ったら、座席表を見せてくれて買える席を指してくれて指定して料金払って終わりでした。

 

2回公演だったんですが状況的にどの時間かは言わなくてよかったです。必要そうなら時間も言えばいいです。