トッポッキいろいろ

スポンサーリンク

(日本ではいくつか呼び方がありますが、タイトルは韓国語読みに近いトッポッキ、文は自分が言いやすいトッポギで書きました。)

 

韓国料理をいくつか試していて、その中にトッポギがありました。

 

以前も試していた時があったんですが、自分はトッポギは好みじゃない気がすると思いました。

 

でもまた気が向いて食べることにしたんですが、試そうと思った店が気が向かない店だったんです。

 

何回か店の前を通っていたんですが、遠目から見て雰囲気が自分好みじゃなくて、でもお客さんはけっこういる気がする、と思っていました。

 

なのでずっと避けてはいたけど、他の食べたい料理と都合よく注文できて試した事が無い店が消去法でそこにだけになって、失敗してもいいと思って食べました。

 

そうしたらいくつか食べた中では一番おいしくて、トッポギが好きになりました。

 

煮干しの出汁だと思うんですが、その味が強くてそれがよかったです。

 

それ以前のは辛さの印象はあっても出汁の印象は無かったので、出汁の味を強くしたら自分好みになるのが分かりました。

 

あと餅もかたさが気にならない歯ごたえとモチモチ感が自分好みでした。

 

餅は小麦粉よりうるち米の方が好きです。小麦粉だと少し歯につくような感覚があったりするのと、歯ごたえや餅そのものの味も、多少うるち米の方がはっきりしている感じがいいです。

 

で、家で煮干しが無くて市販のかつお出汁を多めに入れて作ったんですが、それでもおいしかったです。入れた餅もいくつか試した中では上の餅に近くて一番おいしくて、作った中で一番よかったです。

 

 

料理人ではない韓国の方が肉をたしたトッポギを作る動画を見たんですが、肉があるのと、気楽に視聴してもらう意識もあったと思うんですが、出汁はシンプルで、他の材料、作り方も家庭的な手軽な感じがあって、それもおいしそうでした。

 

 

それはそうという感じですが、いろいろ試してみないと分からないな、と思いながら食べていました。