鶴橋へ

スポンサーリンク

鶴橋に行ってきました。

 

新大久保みたいに人が多いかなと思っていたんですが、思ったほどではなかったです。

 

 

生野コリアンタウンのメインの通りが、多少混んでいるくらいの新大久保という感じでゆっくり歩いて、他の道は特に混んではいなかったです。

 

 

こちらもタピオカとホットドックでいっぱいです。

 

 

供給の方が多いんじゃないかと思ったけれど、飲み物持っている人みんなというくらいタピオカで、どの店もというくらい人がいて凄いです。

 

 

生野コリアンタウンの食べ歩きは、ホットドックも多いけれど、肉系とかトルネードポテトとか食べている方もわりと見かけて、店もたくさんあるし、新大久保と違いがあるなと感じます。

 

 

韓国の棒のアイスや、鶴橋の商店街ではフルーツにコーティングをした飴とか、あと2本入りだけど、明洞の屋台で見る茹でたとうもろこしを何店かで見かけました。

 

 

 

食べ歩きできるものではなく中で食事ができるところは、新大久保のメインの通りみたいにズラズラ並んでいるという感じではないし、分かりやすく人が並んでいるとかもあまり無かったので逆に迷うなと思いました。

 

 

 

コスメの店は、すれ違う人が持っている袋とかで、SAMIをよく見て分かりやすいです。

 

 

K-POPのグッズの店は、鶴橋の商店街から生野コリアンタウンへ向かっている途中や、入っていくと以前より充実していると思います。

 

 

 

どのグループかと価格は横に置くんですが。以前より公式のグッズが多めという印象で、けっこう盛り上がっていました。

 

 

グッズもコスメも雑貨とかも、鶴橋の商店街も生野コリアンタウンも多くあって、自分好みのを見つけるのはなかなか難しいです。

 

 

新大久保もコスメや韓国料理屋とかたくさんあるけれど、行ってまた戻って来やすいのがいいです。

 

 

生野の方へ行って鶴橋に戻ると、また生野の方へ行くのは面倒だなと思うし、例えばキムチの店も両方たくさんあるから迷います。

 

 

自分はブロガーさんが紹介されていたところがおいしいと思ったんですが、そこはそんなには賑わっていなかったです。

 

 

新大久保にもある金杏奈の手作りキムチで白菜のキムチを買ったら、何も言わなくても保冷剤を、あとキムチと保冷剤を入れた袋の口を機械でガッシャンとしめてパウチでくれて、試してみないと分からないです。

 

 

 

食品がある店は、大きめのところから小さめのところまで鶴橋から生野の方までいくつか点在していているけれど、「雨林」は他では見かけないものをいくつかみる事が多い気がします。キムチランドもツナ缶とか飲み物とか種類が多いと思います。

 

 

全体的に領収書を貰いづらい雰囲気があるけれど、書きやすい場所に置いてあってすぐ貰えるので遠慮は不要です。