韓国語の勉強の状況

スポンサーリンク

ハングル検定4、3級の範囲は韓国語文法ドリルで例題のところを見て、そのまま次のテキストを見ていました。

 

 

でもやっぱりドリルとなっている通り、これをメインのテキストにするにはスッキリし過ぎなところもありました。

 

 

なので少し見たきりになっていた、基礎から学ぶ韓国語講座中級改訂版をやることにしました。

 

 

基礎から学ぶ韓国語講座 中級 改訂版

基礎から学ぶ韓国語講座 中級 改訂版

 

 Amazonより

 

 

ハングル検定では4級レベル程度で、3級だと必須の文法が足りないです。内容は分かりやすくていいです。オーソドックスな感じで、基礎になる大切な範囲を難しくなくしっかり学べると思います。多少もう少し詳しく説明がほしいと思うところもありました。

 

 

このテキストの初級の範囲は同じ著者の違うテキストを選びましたが、この初級も学びやすいんだろうなと思いました。

 

 

本文と文法のポイントを見て練習問題は後にしました。

 

 

これでメインのテキストとして使ってきたのは、ゼロから~文法トレーニング→上記→しっかり身につく~中級です。

 

 

しっかり身につく~は、ハングル検定3級の最初の文法が初級の方に載っているという感じです。

 

 

シリーズで見ていないのでメインの2冊目からは、自分は習っていないけれど見ているテキストでは以前やった、となっているのがあります。

 

 

それを文法ドリルで補うという形です。

 

 

テキストは見出すとあれこれ気になるけれど、できるだけ少ない冊数でTOPIKとハン検合格を目指します。