発音の勉強

スポンサーリンク

発音を習おうと思ってから、どう習おうかとちょっと考えました。

まずは手元にあるテキストで独学でやって、それから短い単語や文から指導を受る事に事にしました。

使うテキストは、ネイティブっぽい韓国語の発音と、韓国語の発音変化完全マスターです。

 

両方いいと思います。

まずはネイティブっぽい~の入門編を読みました。 この本は通じる発音に向かって、柔軟な表現や説明と使える技はいろいろ使っていく感じなので分かりやすいです。

手持ちのテキストにある説明では難しくて挫折しそうな方におすすめです。イラストや全体の雰囲気も気を楽にして見ていけます。

ただ一つ一つの文字は読めるのが前提なのと、有声音化と連音化が見当たらなかったです。 個人的にはやわらかい感じなので理解しにくかったところが少しだけありました。

で、この本を見てから韓国語の~を見ました。 こちらは発音変化に特化して詳しい説明とオーゾドックスな雰囲気です。凄くかたい感じではないけれど、編み出した裏技使うみたいな感じもありません。 なので最初は呪文のように覚えて練習みたいな雰囲気になるかもしません。

でもやっぱりオーゾドックスさと、その雰囲気での詳しさは安心感があります。ネイティブ~で理解しにくかったところはこちらで理解しました。

手持ちのテキストにある発音変化の説明が、おまけ程度しか無い場合などに追加するのおすすめです。

2冊両方見るなら、ネイティブ~から見た方が分かりやすいと思います。