韓国語の勉強の状況とこれから

スポンサーリンク

韓国語の勉強はメインの文法は3冊目で、サブの文法が2冊目、TOPIKは持っている7冊を試験までに見ていくという現段階です。


ハン検もTOPIKも、状況がどうなっているか予想できないので、6・7月の受験は見送ろうかと考えています。

なのでハン検のテキストはあるけれど、まだ勉強は始めていません。


文法は中級レベルをやってはいますが、初級1冊目からの復習も繰り返していて、やっと初級が何とか頭に入ってきたかなと思っています。


メインのテキストは同じシリーズで使っていません。なので知らない文法がメインの2冊目以降で以前習ったものとして出てくることがあり、それを補う為にサブ用も見ています。


TOPIKは作文以外の勉強用が5冊、作文は2冊で、作文は指導を受けています。


で、あと発音なんですが、テキストは数冊あるけれど全然できていません。

なので発音についても指導を受けようと検討しています。


今の状況を考慮して、オフラインの対面はやめようと思っています。


最初韓国語の勉強は全部独学を考えていました。でも必要を感じたところは、柔軟に対応しようと思い直しました。


以前我慢ばかりしていた時は、我慢の延長で、できないとかやってはいけないとか変えてはいけないように感じていました。


私は引き寄せとか思考とかの本を見るの好きなんですが、自分が上記の時って、出会う本もただ行きたい場所の写真見ていればそこに行ける、みたいな内容でした。

でももう我慢しないと決めてからは、同じ引き寄せとかの本でも、ただ思うだけではなく行動も、とか書いてあるのに少しずつ出会えたりするようになりました。


TOPIKも作文の独学に限界を感じて習ってみたら、いいなと思う指導を受けられて、発音も受ける気になりました。


状況が変わったり、去年の政治的や今年のウイルスのように状況が変わってしまったりして思いに変化があっても、ハズレる事もあるけれど行動してみようと思います。


以前は思いもあまり信じなかったです。


とにかく早く韓国語を使っていろいろできるようにしたいです。