中級のテキストで迷い続ける

スポンサーリンク

前にテキスト絵で学ぶ中級韓国語文法を見ると言って、繰り返していました。

 

 

 

で、やっていてシンプルでいいんですが、ちょっとシンプル過ぎるところがあるなと個人的に感じてきました。

 

 

 

量が少なめだから止まってしまうことがなくて、そこは凄く気に入っています。

 

 

 

あと説明の表現が難しくないところもいいです。

 

 

 

でももうちょっと手取り足取りな感じがいいな、と思うところがありました。

 

 

 

このテキストの前に韓国語文法ドリルをやっていますが、ドリルなので説明はシンプルなんですが、それよりもシンプルな感じです。

 

 

 

試験までに時間がない方が、これをやってすぐ対策本をやるならいいなと思いました。

 

 

 

なのでまた違うテキストをやってみる事にしました。

 

 

 

実用韓国語文法中級の日本語版です。

 

 

 

日本語版ですが、韓国のテキストの日本語版で、練習問題等日本語訳がないところがあります。

 

 

でも日本語訳があるところは分かりやすいです。量も多くはないです。

 

 

 

オーソドックスな文法テキストなのもいいです。

 

 

 

既に持っているので使ってみます。

 

 

 

しっかり身につく中級韓国語トレーニングブックと、絵で学ぶ~の間くらいな感じです。

 

 

 

これ以上違うテキストはやらないので、この3冊からメインのテキストを決めようと思います。同じようなテキストを何冊も使うのは個人的には反対なので、どれか一冊にします。

 

 

 

実用韓国語~はまず日本語訳があるところをやっていきます。